アメックス クレジットカード ダイナース

ANAダイナースプレミアムとANAアメックスプレミアムを徹底比較。どっちがおすすめ?ポイント還元から使い勝手、コールセンター対応、保険まで。

投稿日:2018年4月16日 更新日:

ありがたいことに「ANAダイナースプレミアムカード」と「ANAアメックスプレミアムカード」のインビテーションをもらうことができました。

この二つのプレミアムカード、どちらがオススメできるのか、ポイントから実際の使い勝手まで徹底比較してみます。

ポイント還元率:100円2ポイント=最大2マイル確定でダイナースの勝ち。

まずはポイント還元率。

「ANAダイナースプレミアム」のポイント還元率は、2018年12月に改悪されてしまいましたが、それでも100円=1.5ポイント=1.5マイルの還元率

【2019更新】ダイナースプレミアム/ANAダイナースプレミアムの口コミ完全版。最大100円2マイル還元からインビテーションの審査基準、改悪内容まで徹底レビュー。

「ANAアメックスプレミアム」は通常利用は100円=1ポイント=1マイル(航空券購入などは優遇レートあり)。

ポイントではANAダイナースプレミアムの勝ち!

年会費:家族カードを含めてもほぼ互角の勝負。

次に年会費の比較です。

これはどちらも高額です。ANAダイナースプレミアムは155,000円(税別)、ANAアメックスプレミアムは150,000円(税別)と互角の戦いです。それにしても高い・・・・。

また地味に大事な「家族カード」の年会費ですが、これはANAダイナースプレミアムは無料(枚数制限なし)。対してANAアメックスプレミアムは4枚まで無料です。実際に4枚以上家族カードを発行することはほとんどないと思われるので、これはほぼ互角ですね。

ちなみにぼくは現在、妻に1枚、離れて暮らす母親に1枚のANAダイナースプレミアムを発行しています。2人の娘たちが18歳になったら追加で2枚発行予定です。

年会費は本会員、家族会員ともにほぼ互角。

顧客対応:アメックスに軍配。全クレジットカード会社の中で最強だと思う。

続いて、顧客対応。

おもにコールセンターやコンシェルジュの対応です。これについては、あくまでも個人的な感想ですが、アメックスが最強だと思います。ダイナースだけではなく全クレジットカード会社の中でも群を抜いて対応はいいと思います。

アメックスに電話したあとはいつも気分がいいです。ぼくだけじゃなくて、周囲の感想も「アメックスのコンシェルジュの実行力はすごい」と評判なので、そうなんだと思いますよ。

たとえば、ヨーロッパでホテルの予約をミスしていて「今日泊まれるホテルを手配してほしい」というような要望もバッチリ対応してくれた、というようなレベルの高い話もよく聞きます。

しかもアメックスは電話がすぐつながります。アメックスで担当者につながるまで待たされることはほとんどありません。ダイナースはプレミアムデスクですら混雑するときも。。。。

顧客対応はANAアメックスプレミアムカードの勝ち。もちろんダイナースのコンシェルジュも顧客対応も決して悪くなく、むしろいい対応なのですが、アメックスはそれを上回る対応の良さです。

【口コミ】ダイナースプレミアムのコンシェルジュデスクのレビュー。お店探しにはメール対応してもらえるのが便利。

「どこでも使える度数」:アメックスの方がやや多い。

つぎに「使える店舗の多さ」。

これもアメックスが有利です。アメックスはJCBと提携したのが大きいですね。もちろんVISAには劣りますが、アメックスが使えないというのはここ最近ほとんど体験していません

一方でダイナースはちょここちょこ使えないところがありますね。とくにネット系のサービスでダイナースが使えないところが多い気がします(グーグルのサービスが対応していないのが痛い)。

あとアメリカではアメックスは100%利用できましたが、ダイナースは空港の売店、ロードサイドの小さなお店など一部で利用できませんでした。

使える店舗の多さはANAアメックスプレミアムカードの勝ち。JCBとの提携でほとんどの店舗で利用できるように。

ダイナースプレミアムカードが使えないサービスのまとめ(随時更新)。でもマイルがどんどん貯まる最高のカードです。

銀座プレミアムラウンジ:ダイナースプレミアムだけのメリット

ちょっと番外編ですが、ラウンジ。

ラウンジといっても空港のラウンジではなく、銀座でゆっくりできるラウンジがダイナースにはあるんです。

ダイナースプレミアムカード会員は、銀座にある「銀座プレミアムラウンジ」が利用でき、なんとコーヒーなどの飲み物だけではなく、アイス、和菓子などのお茶菓子も無料なんです!

場所は、銀座4丁目の交差点から徒歩1分の超好立地(銀座駅C1出口でてすぐのすずらん通り入って右手の銀座七宝ビル8階)。

ダイナースプレミアムカードを持つ前は、銀座でちょっとお茶したいときは、4丁目交差点のエクセルシオールに行っていました。コーヒー450円くらいなんですよね、あそこ。ダイナースラウンジはお茶菓子までついて無料。専用のWi-Fiも利用できてほんと助かります。

また、銀座プレミアムラウンジほど充実していませんが、ダイナースクラブ D'sラウンジトーキョー (大丸東京店11階)も利用できます。東京駅をよく利用される方には便利ですよね。

ラウンジの用意はダイナースしかないので、ダイナースプレミアムの勝ち。

付帯する保険:互角。と言いたいところだけど、アメックスの家電保証「ホームウェアプロテクション」「ワランティプラス」が最強。

クレジットカードに自動付帯する旅行保険は、さすがにこの年会費ですし、ほぼ互角で最大限に保障されています(旅行時死亡で1億円など)。

ただANAアメックスプレミアムにはほかのカードでは類をみない保険があります。

それが「家電保証」

「ホームウェアプロテクション」「ワランティプラス」という2つの保険がほんとすごい。

ワランティプラス(故障の保険)

家電すべてにおいてカード利用を条件に、メーカー保証1年にアメックスが2年延長してくれるサービスです。つまりANAアメックスプレミアムで家電を買えばそれだけで故障の保証が3年になるんです。すごくないですか?

ホームウェアプロテクション(事故の保険)

これは、火災や水漏れ、破損などの事故に対する保証。落として割れた、とかもここですよね。これすごいのが期間に制限がないんです。「4年以上利用していた場合は購入金額の50%」が保証されます。

こちらの記事に詳しくまとめています。

旅行の保険は互角。ただし購入した家電への保証があるのはANAアメックスプレミアムだけ。

ホテルの上級会員資格:互角。むしろ「SPGアメックスカード」を追加で保有したほうがいいです。

これだけのカードになると、カードを持っているだけでホテルグループの上級会員になることができます。

ANAアメックスプレミアムのホテル上級会員

ANAアメックスプレミアムを持つと、「ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールド」の「リーダーズクラブ」、「シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツ」の「ゴールデンサークル ジェイド」など上級会員になることができます。

上級会員になることで、アーリーチェックインレイトチェックアウトなど、運がよければ部屋の無料アップグレードも受けられます。

ただそれよりも、ANAアメックスプレミアムは「フリーステイギフト」といって、高級ホテルに1泊無料で宿泊できる特典がついてくるのが一番のポイントです。

ANAダイナースプレミアムのホテル上級会員

ダイナースプレミアムも、「プリファードホテルズ&リゾーツ」の「エリート・ステータス」「ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールド」の「リーダーズクラブ」「SPGグループ(一部)」ネットワークで上級会員になれます。

が、正直それほど大きなメリットはありません。

ダイナースの場合は「一休ダイヤモンド会員になれる」ほうがメリットは大きいと思います。そのあたりはこちらにまとめています。

ホテル優遇ならSPGアメックスカードが最強

ちなみにホテルで優遇されたいのであれば、SPGアメックスという別のクレジットカードが最強なのでこちらのカードがオススメです。年会費30,000円かかりますが、一瞬でそれ以上のメリットを回収できます。

簡単に説明すると、

  • SPGアメックスをもっているだけで、「SPG」「マリオット」「リッツ・カールトン」の上級会員になってアップグレードも無料。
  • 2年目以降に高級ホテルに無料宿泊できる権利をもらえる。

などメリットしかない、スーパーカードなのです。以前は朝食も無料だったので心の底からオススメしていましたが、いまは朝食無料はなくなってしまました・・。それでもいまでもお得かどうかというと確実にお得なカードで、いろんな雑誌のランキングでも常に上位にランクする超オススメカードです。

SPGアメックスの詳細はこちらの記事にまとめてみました。

フロリダ満喫旅行でもめちゃくちゃお得に過ごしてきました。

ホテルメリットフリーステイギフトがあるアメックスが一歩リード。ダイナースも一休ダイヤモンド会員になれるメリットあり。ただお得にホテルに泊まりたいならSPGアメックスカードを持つのがオススメ。

まとめ:ANAダイナースプレミアムとANAアメックスプレミアムはどっちがおすすめ?は、ANAダイナースプレミアムを最強カードに認定。

いろいろ比較してきましたが、好きな嫌いかだとANAアメックスプレミアムの方が好きです。好感度が高いです。

でもやっぱり背に腹はかえられぬ。マイルでビジネスクラスの家族旅行をするためには、ポイント1.5倍のANAダイナースプレミアムをやっぱり選択せざるを得ません

というわけで、ANAダイナースプレミアムを最強カードに認定です。ANAアメックスプレミアムもがんばってポイント1.5倍(もしくは2倍!)にしたら一気に会員数増えると思うけどな・・・。

【2019更新】ダイナースプレミアム/ANAダイナースプレミアムの口コミ完全版。最大100円2マイル還元からインビテーションの審査基準、改悪内容まで徹底レビュー。

ANAダイナースプレミアム以外にオススメできるカード

ちなみに、ANAアメックスプレミアムは直接申し込みが可能ですが、ANAダイナースプレミアムは完全招待制です。

そのANAダイナースプレミアムに招待を受けるために必要なカードが「ANAダイナース一般カード」です。

またANAダイナースプレミアムももちろん最強カードの一つですが、じつは「銀座ダイナース」という隠れた名カードがあるのです。

キャンペーンもやっているのでぜひご覧ください。こちらの記事にまとめています。

ダイナースカードは絶対ダメ!?ダイナースなら「銀座ダイナースクラブカード」か「ANAダイナースクラブカード」を選ぶべき理由をダイナース愛用者が口コミレビュー。

マイル効率だけだとSPGアメックスやANAVISAプラチナプレミアムも。

ANAマイルを貯めるのに一番お得なカードは?カード利用金額ごとのオススメを徹底検証。



関連記事

-アメックス, クレジットカード, ダイナース

Copyright© 88BLOGーパパブログ , 2019 All Rights Reserved.