子育て・教育 英会話

英語の学童保育「キッズデュオ」は効果あるの?通わせてわかった先生の評判から授業内容や子どもの成長、費用までを口コミレビュー。

投稿日:

30秒でわかるこの記事のまとめ

  • キッズデュオは「一応は」英語オンリーの学童保育。
  • レッスンはあるけど、全部の時間が英語のレッスンではない。折り紙してるだけの時間もあり。
  • 効果を実感できるまで最低半年はかかりそう。預けるだけで話せるようになるとこまでは期待できない。

長女が小学生になってからの学童保育選び。わが家はキッズデュオという英語プログラムが特徴の学童保育にしました。これまで1年ほど通っての親の感想、子どもの成長から、料金までまとめました。参考になればうれしいです。わが子はキッズデュオに通って英語が話せるようになったのでしょうか?

キッズデュオは「英語のみ」が前提だけど、いつも英語のプログラムがあるわけじゃない

キッズデュオのコンセプトは「英語オンリー」「日本語禁止」をうたっています。でもあくまでも一応です。教室に入ってから出るまでずっと英語を聞いて英語を話す練習をしているわけではありません

そりゃそうですよね。もともと英語を話せる子ならまだしも、全然英語を話せない子が英語だけの時間を過ごしたら苦痛で英語が嫌いになると思います。

もちろん挨拶などは英語でやってくれます。英語のカードなどをつかったレッスンプログラムもあります。でも学校の宿題をしたりおやつを食べたり、折り紙をしたり、そういう時間はもちろん日本語です。

キッズデュオは英語に触れる時間は多い

キッズデュオはたしかにずっと英語を聞いたり話したりするだけではありませんが、それでも英語に触れる時間は多いです。しかもこどもたちは自然に覚えているケースが多いです。たとえばこういう英語。

  • teacher(先生を呼ぶときは teacher◯◯ と言うから)
  • snack(おやつの時間に snack と言うから)
  • purple(自分が好きな色を言う時間があるらしい)
  • ◯◯elementary school(自分がかよっている学校の名前を言う時間があるらしい)

こういう英語を毎回つかっているので、もちろんスペルとかは知らないけど、音と意味を理解しているイメージです。理想的といえば理想的です。

88BLOG
うちの子もキッズデュオの話をしてくれるときに「今日ね、teacher◯◯がね」とか「ねえおやつ食べたい。snack。」とか突然言い始めましたよ。

講師はネイティブorバイリンガル

サポートスタッフはネイティブかバイリンガルです。ただネイティブと言っても第二言語として英語をつかっているフィリピン系のサポートスタッフの場合もあります。このあたりは教室によって違うかもしれません。でも日本人スタッフの方も含めてたしかに発音はきれいです。

88BLOG
スタッフの入れ替わりがちょっと多いのが少しだけ気になりますが、ほとんどはいい先生だと思います。

キッズデュオの費用・料金

キッズデュオのホームページには料金が書いてありません。というわけで、こちらにまとめてみました。(金額はすべて税別、2018年12月現在)

入会金

20,000円

維持管理費:6ヵ月ごと

12,000円

おやつ代:6ヵ月ごと

週5回 18,000円
週4回 14,400円
週3回 10,800円
週2回  7,200円

月謝

スタンダード(片道送迎) 週5回 63,800円
週4回 55,600円
週3回 45,000円
週2回 32,000円
Aコース(送迎なし) 週5回 60,000円
週4回 52,000円
週3回 42,000円
週2回 30,000円
Bコース(往復送迎) 週5回 64,800円
週4回 56,600円
 週3回 46,000円
 週2回 33,000円

夏休みのサマースクールなどは別カリキュラムになるので追加料金が必要です。

88BLOG
公立の学童保育に比べたらやっぱり結構高いですよね。

英語の成長を期待できるのは半年ほどたってから

じつはうちの子は一度退会を検討したことがあったんです。というのも結構いい値段するのにあまり英語が上達している印象がなかったから。子どもに「今日キッズデュオでなにしてきたの?」って聞いても「折り紙」とかしか言わないと、キッズデュオに通う意味あるのかな?って不安になったんです。でも結局継続しました。

結果的にはそれで正解だった気がします。半年を超えたあたりから急に「キッズデュオ楽しい」って言いだしました。そして楽しくなってくると英語も覚えてくるようで、たとえば色でいうと10色くらいは英語で言えますし、今度は英検ジュニアにも挑戦する予定です。

キッズデュオのおすすめ利用法は長時間利用

お子さまをキッズデュオに通わせる場合のおすすめの利用法がありまして、それは「ギリギリまで長時間利用すること」です。迎えが遅くなるとかわいそうな気も少ししますが、もしお子さまにキッズデュオの友達ができてきたら、少しずつ迎えの時間を遅らせたほうが英語への慣れは加速する気がします。学校でもお友達に「英語が上手だね」って言ってもらえたようです。

88BLOG
うちも先生のアドバイスがあって、迎えを18:00過ぎにしたあたりから明らかに伸びてきました。

キッズデュオに預けるだけで英語が話せるようになるかというと、おそらくならない

といっても、キッズデュオに預けるだけで英語がペラペラに話せるようになるかというと、おそらくなりません。英語に慣れる、とか英語に興味がある、とかは間違いなくあると思いますけど、そこまであるいはプラスアルファ程度だと思います。

そこから少しずつ話せるようになるには、やっぱり話す環境が必要だと思って、わが家では DMM英会話 を始めました。

もちろんぼくがメインで授業を受けているのですが、最初だけ子どもたちに自己紹介をさせています。これがまた毎日やっていると結構話せるようになるんですよー。もう少し慣れてきたら、子どもも別で DMM英会話 を申し込んでレッスンを受けさせる予定です。

88BLOG
もしかしたら親が英語を楽しんで勉強している姿が効果あるのかもしれませんね。

今回は「英語の学童保育「キッズデュオ」は効果あるの?通わせてわかった先生の評判から授業内容や子どもの成長、料金までを口コミレビュー。」という記事でした。

わが家のDMM英会話レッスンについてはこちらの記事にまとめています

DMM英会話のレッスンを1ヶ月(750分:30回)やってわかった、伸びる英語の勉強方法。7才と5才の子どもたちも少しずつ話せるように。



関連記事

-子育て・教育, 英会話

Copyright© 88BLOGーパパブログ , 2019 All Rights Reserved.