ANA修行・SFC修行

ANA修行・SFC修行シンガポール編:DoCoMo海外Wi-Fi「海外パケ・ホーダイ」がお得になる日数と計算方法。

投稿日:2017年1月5日 更新日:

シンガポールへのANA修行・SFC修行中のWi-Fiについて悩んだのですが、結局DoCoMoの海外Wi-Fi「海外パケ・ホーダイ」を利用することに。でもちゃんと調べないとトラップがいくつかありそう。ということで、まとめてみました。DoCoMo海外Wi-Fi「海外パケ・ホーダイ」のトラップにはまらないためにチェック!シンガポール編です。

シンガポールのチャンギ空港は無料Wi-Fiが充実

まず前提として、シンガポールのチャンギ空港は無料Wi-Fiが充実しているので、空港にいる間はWi-Fiの心配はありません。Wi-Fiサービスが必要になるのは「空港にいない」時間です。

DoCoMoの「海外パケホーダイ」は1日2,980円

ドコモの海外通信の使い放題サービス「海外パケホーダイ」の気になる料金ですが、1日2,980円です。そして1日単位(日本時間の00:00ー23:59)での課金になるので、1分でも2日にまたいでしまうと5,960円になります。

今回のSINタッチは、

  • 1日目:23:25シンガポール着
  • 2日目:終日シンガポール
  • 3日目:00:35シンガポール発

と、3日に滞在がまたがっています。この場合、2,980円×3日間という計算になるとしたらちょっと大変。。。

時差、そして日本時間が基準という2点に気をつける

ここで気をつけないといけないことが2つあります。

DoCoMo海外Wi-Fi「海外パケ・ホーダイ」は「日本時間」が基準

まずは、DoCoMo海外Wi-Fi「海外パケ・ホーダイ」は「日本時間」を基準にするということです。

2017010501

日本とシンガポールの時差は1時間

つぎに時差です。日本とシンガポールの時差は1時間。日本が1時間先を行っています。なので、シンガポール時間は1時間戻さないといけません。

つまりDoCoMo海外Wi-Fi「海外パケ・ホーダイ」は、「日本時間の00:00ー23:59」を1日と計算します。シンガポール時間だと23:00ー22:59までがドコモの海外Wi-Fi「海外パケ・ホーダイ」が基準とする「1日」となります。

シンガポール修行の飛行日程の確認

ということで、あらためてシンガポールの滞在予定をみてみます。

  • 1日目:16:50東京(成田) ー 23:25 シンガポール
  • 2日目:終日シンガポール
  • 3日目:00:35シンガポール ー 08:25東京(成田) いずれも現地時間

ということは、シンガポール時間の1日目23:25ー3日目00:35の間、海外で利用できるWi-Fiが必要ということになります。

ただ、飛行機搭乗のために、帰国時2時間前には空港に入る予定なので、正確には、1日目23:25(シンガポール到着時)ー2日目22:35(帰国時の空港入り)の間、海外Wi-Fiが必要ということです。

1日目23:25(シンガポール到着時)ー2日目22:35(帰国時の空港入り)(いずれもシンガポール時間)の間Wi-Fi利用するのに、DoCoMoの「海外パケホーダイ」は何日分必要なのか?ということになりますね。

1日目(到着時)は気にする必要なし

いよいよ検証にはいります。

さきほど海外Wi-Fiが必要なのは、シンガポール時間の1日目23:25ー2日目22:35でした。1日目(到着時)は日本時間では1時間後の翌日00:25ですから、シンガポールのチャンギ空港についた時点でDoCoMoの「海外パケホーダイ」のカウントはスタートしています。到着してすぐに気にすることなく使えますね。

3日目(帰国時)は早めに空港に入れば大丈夫

問題は帰り。チャンギに到着したときにすでにスタートしていた1日目の料金は、時差が1時間あるのでシンガポール時間の2日目22:59までしか使えません

ただ空港に到着する時刻は(出発2時間前に到着するとして)2日目22:35。ということは、空港についたらすぐに空港の無料Wi-Fiに接続すれば、DoCoMo海外Wi-Fi「海外パケ・ホーダイ」は1日だけの契約でシンガポールでのWi-Fiは使い放題になります!!!

SINタッチのときのWi-Fi設定について

ぼくの場合はSINタッチのときは以下の行動でドコモの海外Wi-Fi使い放題は1日分で大丈夫でした。

  1. (到着時)シンガポールに着いたら、そのままドコモの海外Wi-Fi使い放題でそのままネット通信
  2. (帰国時)2時間前に空港に着いたら、すぐにモバイルデータ通信をOFFにして、空港の無料Wi-Fiを使う

これでOK!

(追記)もうちょっと満喫したいタイプの修行ならWi-Fiレンタルの方が安いかも??

もちろん海外対応のWi-Fiレンタルという選択肢もあります。もちろんぼくもめちゃくちゃ検討しましたが、シンガポールのチャンギ空港がWi-Fiが充実していること(とはいえ、ラウンジにずっといたので空港Wi-Fiはあまり活用していません。)、滞在時間がめちゃくちゃ短い予定だったことから、申し込みしませんでした。

ただこれは現地での滞在をなるべく少なくしたパターン。もしできるだけ現地を満喫したいときや日数を増やしたい、という場合、そもそも3泊以上のプランになる場合には、Wi-Fiレンタルの方が安いかもしれません。(いや多分安い。)

たとえば、シンガポール4日間だとした場合の見積もりはこちら。端末保証をつけても6,498円です。

飛行機の時間によっては、ドコモの課金が4日計算になることもあります。その場合2,980円×4日間で11,920円になります。5,422円もお得になります。

成田空港や羽田空港で端末受け取り&帰国時に返却することもできるので便利ですね。このあたりが大手でレビューも多いみたいですよ。ぼくもアメリカ旅行のときはこちらを利用する予定です。

(追記)アメリカ旅行では海外Wi-Fiサービス利用しました。本当に快適でした!





関連記事

  • この記事を書いた人
88BLOG

88BLOG

2人のムスメのパパで堅実派のプチ個人投資家(投資信託、国内商社、米国ETF)。2017年にSFC取得にどハマりしたあとのマイブームは「英語」。家族で毎年海外へいくのが目標(もちろんマイルで)。2018フロリダに、2019グアム予定、2020ヨーロッパが目標。クレジットカード大好き。ヘビが苦手。

-ANA修行・SFC修行

Copyright© 88BLOGーパパブログ , 2018 All Rights Reserved.