ANA修行・SFC修行

【ANA修行・SFC修行体験記 1日目】OKA-SINタッチ(オカシンタッチ)。初めてのANAラウンジに興奮。でも体力はかなりつらいので要注意。

投稿日:2017年1月7日 更新日:

@シンガポールです。ANA修行・SFC修行の1回目の1日目。OKAーSIN(オカシン)タッチ(羽田ー那覇ー成田ーシンガポールー成田(羽田)ー那覇ー羽田を3日でこなすハイスピード修行)の真っ最中です。で、正直な感想。想像してたより体力を消耗します・・。

たしかに効率は最高なOKAーSINタッチ。

OKAーSINタッチの最大のメリットは「効率の良さ」。とくに「海外乗り継ぎ扱い」の区間がとんでもない効率になります。

最短最速!?たった3回で50,000PP貯める方法とANA上級会員になった効率重視のSFC修行プラン。

ANAの上級会員になるために必要なANAプレミアムポイント50,000ポイント。これを貯めるために飛行機に乗りまくることをANA修行ともSF ...

なるべく短い日数で、なるべく安く修行を終わらせたいのであれば、これを使わない手はありません。

もちろんぼくもそれを期待して、修行プランの中でOKAーSIN(オカシン)タッチを2回もプランニングしています。そのおかげで、ANA修行・SFC修行が3回のプランで終了します。しかも、成田ーシンガポールは「プレミアムエコノミー」。そして羽田ー那覇、那覇ー羽田もプレミアムクラスのプチ贅沢修行。それでも合計45万円ほど。これがOKAーSINタッチの最大の魅力です。

これから往路だけですが、体験談です。

1:羽田ー那覇(プレミアムクラス)と国内線ANAラウンジ

2017010601

まずは那覇に向かいます。羽田から那覇に向かう便は「プレミアムクラス」。つまり搭乗前に「ANAラウンジ」が利用できます。ついに初体験!あこがれのANAラウンジ!ちょいと緊張しながらも入場。専用のゲートから入って、手荷物検査。そのあとラウンジに向かい、スマホに入れたQRコードを受付カウンターでかざして入場です。

2017010602

ゆったりとしたスペース。きれいな景色。そして充実したお酒。最高ですね。残念ながらぼくはお酒が全く飲めないので、その恩恵にはあずかれませんが、ラウンジの外でカツサンドを購入してビールを飲んでおられる方がたくさん。たしかに美味しそう♪定番なんでしょうか?

2017010603

個人的には「キッズスペース」がうれしいですね。ANA修行・SFC修行はこのスペース活用のためにもいいかも、と思えました。こどもたちが小さい間は大活躍ですね。

いよいよ搭乗。もうこれね、一度プレミアムクラスに乗ったら、一般シートはつらい。。。そう思わせるほど素晴らしかったです。広い!!この広さは、なぜか自分の心も広くさせますよ。食事もよかった!とくにスープが美味しかったです。(ただこのとき体調がとても悪くて、ちょっとしか食べられず・・・かつ写真もなし、という。。。)

あっという間に到着しました。正直プレミアムクラスの「OKAタッチ(羽田ー那覇の往復だけ)」だけだったら、何回やってもいいかも。楽しすぎる。このときはまだよかったな。。

2:那覇ー成田(国際線乗り継ぎ:一般席)

2017010604

とんぼ帰りで、今度は成田へ。この便は「国際線乗り継ぎ」扱いのため一般席になります。さっきまでプレミアムクラスに乗っていたので、一般席に座った瞬間

88BLOG
うわ・・せまい・・・・

しかも!!!那覇ー成田は外国籍の方が多いんですよね。今回ユナイテッドとのコードシェア便だったからより多かったのかもしれませんが、米軍関係と思われる方が半数くらい。

屈強な体、大胆なドレッドヘア、あの腰回り、そしてどくとくのにおい(苦笑)。いろんな意味でぎゅーぎゅーな感じです。幸い(?)今回のお隣は普通の日本の方でした。

とはいえ、このフライトでちょっと疲れがではじめましたがまぁまぁ快適でしたよ。いわゆる普通です。偏西風にのって飛行時間も短いですしね。小さく富士山も見えました。

3:海外線ANAラウンジは最高すぎるでしょ。

2017010605

ついにシンガポールへ。その前に海外線ANAラウンジです。結論から言います。最高です。お酒飲める人はもっと最高です。このラウンジを利用するためだけに、海外修行プラン入れて欲しいくらいです。

食事はサラダ、ナッツ、サンドイッチから、そば、ラーメン、カレーなど温かいものまで一通り揃っているし(もちろん全部無料)、お酒にいたっては「揃いすぎ」。みんなじゃんじゃん食べてましたよ。

シャワーもあるし、半個室になっているリクライニングソファーで仮眠できるし、無線LANあるし、ここで暮らせるんじゃないか、というくらい。2時間くらいのトランジットだったら、一瞬で終わります。これはいいですよ!成田にはいくつかANAラウンジがあるみたいなので、今度は違うラウンジにいってみたいと思います。

4:成田ーシンガポール(プレミアムエコノミー)。

ようやくシンガポールへ!飛行時間は7時間。アマゾンタブレットに映画をバッチリいれて、しかも今回プレミアムエコノミーだし、快適にいけるはず!と思ったのですが、、、つらすぎた。。。。早朝から那覇に向かって成田に戻ってきて、、というツケもあるのでしょうが、本当につらかった。。。

食欲も何もなくて食事なども断り続けて、ようやく口にできたのがシュークリーム。

2017010606

でもこれ、プレミアムエコノミーでこれですからね。プレミアムエコノミーは国内線のプレミアムクラスと同じような座席です。ただ前後の間隔はもっと狭いです。とはいえ、フットレストもつきますから十分伸ばせますし、体育すわり?三角すわり?もできます。でも!でも!それでもつらかった。。。これがエコノミーだったとするとゾッとします。

こうなってくると時間が経つのが遅いこと遅いこと。ようやく着いた時にはかなり消耗してしまいました。。

5:OKAーSINタッチは体力勝負!

OKAーSINタッチを計画されているみなさまへ。このプランは体力に自信がある方以外はおすすめできません。20代なら勢いでいけるかも。すくなくとも「エコノミー」でやるのは無謀です。プレミアムエコノミーで。

■絶対避けるべき最悪プラン(安さ最優先)

OKAーSINタッチ:すべて「エコノミー」。

■体力に自信があるなら、でもかなりつらいよプラン

OKAーSINタッチ:国内線エコノミー、国際線プレミアムエコノミー

■プチ贅沢。でも意外とこれもつらいよプラン(今回のプラン)

OKAーSINタッチ:国内線プレミアムクラス、国際線プレミアムエコノミー

■やるならこのプラン1:SINタッチのみ

前後に羽田ー沖縄をはさまずに、東京ーシンガポールの往復だけだったらそこまでつらくないはず。でもプレミアムエコノミー推奨。

■もし許されるならプラン:OKAタッチのみ

羽田と那覇をプレミアムクラスで往復するだけのプランです。これは最高です。何度でもやりたい。ただの贅沢です。

今夜の深夜から、今度は「シンガポールー成田ー(陸路移動)ー羽田ー那覇ー羽田」が待っております。ちょっとしんどいなー。でも今度はつらいものからだんだん楽になるパターンなので、それを期待して頑張ります。本当に修行だな。これは。。。

(追加:PP追加されました。やっぱり1プランで20,000PP以上もらえるのは大きいですね。これをみると報われる。。。)

2017010911

(追記)マイルも無事加算されました!

20170122

追記:シンガポールは楽しい!

シンガポールそのものは楽しいですよ!こうみえて満喫しています♪そのあたりのレポートはのちほど♪


【ANA修行・SFC修行体験記 2日目】シンガポール到着後わずか25時間で帰国。これぞSINタッチ。

長時間フライトでしんどくても、やっぱりついたら楽しいのが海外。1日目の23:30に到着して3日目の0:30に帰る弾丸シンガポール旅行でしたが ...






関連記事

  • この記事を書いた人
88BLOG

88BLOG

2人のムスメのパパで堅実派のプチ個人投資家(投資信託、国内商社、米国ETF)。2017年にSFC取得にどハマりしたあとのマイブームは「英語」。家族で毎年海外へいくのが目標(もちろんマイルで)。2018フロリダに、2019グアム予定、2020ヨーロッパが目標。クレジットカード大好き。ヘビが苦手。

-ANA修行・SFC修行

Copyright© 88BLOGーパパブログ , 2018 All Rights Reserved.