クレジットカード ダイナース

ダイナースプレミアムカードを徹底口コミ。世界最高の100円2マイル還元からインビテーションの審査基準までレビューします。

投稿日:2017年8月13日 更新日:

ダイナースプレミアムカードという憧れのブラックカードのインビテーションをもらってから、約2年間ダイナースプレミアムカードを利用してきてわかったメリットを徹底レビューします。もちろんANAダイナースプレミアムカードとの違いもまとめています。

一番の特徴は100円=2ポイント=2マイル確定という世界最高の還元率

ダイナースプレミアムカードは、100円につき2ポイントがもらえます。またその2ポイントは2マイルに交換できるので、100円=2マイルという世界最高のマイル還元率が最大のメリットです。

ANA提携のANAダイナースプレミアムは2018年12月より100円=1.5マイルに

ダイナースプレミアムカードのANA提携カードである、ANAダイナースプレミアムカードは2018年12月より残念ながら100円=1.5ポイント=1.5マイルになってしまいます。

公共料金などはさらに低還元率に

ちなみに公共料金に加えて、こちらも2018年12月からはETC料金、携帯料金などのポイント還元も改悪となり200円=1ポイント、つまり100円=0.5ポイントになります。

以前はリボ払いだと100円=3ポイント=3マイルというマイル還元もありましたが、現在は終了しています。マイル還元率については全体として縮小傾向にありますね。

ダイナースプレミアムはANAマイルへの移行制限が年間4,000マイルに

ANAダイナースプレミアムは無制限にANAマイルに移行できますが、ダイナースプレミアムはANAマイルへの移行上限があります。現在は年間80,000マイルまでですが、2018年12月よりこれが年間40,000マイルに制限されます。

88BLOG
マイル還元についてはかなり条件が悪化しています。

ダイナースプレミアムカードのマイル還元まとめ

マイル還元 マイル移行
ダイナースプレミアム(現在) 100円2マイル 年間80,000マイル
ダイナースプレミアム(12月から) 100円2マイル 年間40,000マイル
ANAダイナースプレミアム(現在) 100円2マイル 上限なし
ANAダイナースプレミアム(12月から) 100円1.5マイル  上限なし

ホテルの上級会員資格

ダイナースプレミアムカードをもつと、一流ホテルの上級会員の資格がもらえます。

  • 「プリファードホテルズ&リゾーツ」の「エリート・ステータス」
  • 「ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールド」の「リーダーズクラブ」

が自動付帯となっています。

さらにSPGグループ(現在はマリオットグループ)も一部のハイグレードホテル(Wホテルなど)で優待が受けられます。

優待の内容は、部屋のアップグレードやドリンクサービスなどのほか、アーリーチェックインやレイトチェックアウトなどがあります。

88BLOG
超高級ホテルでいきなり上級会員になれるんですね。

銀座のダイナースラウンジのプレミアムエリアを無料利用

東京だけのメリットになりますが、銀座にあるダイナースラウンジのプレミアムエリアを無料で利用できます。ここではコーヒーやジュースはもちろん、ベンアンドジェリーズやハーゲンダッツなどのアイスクリーム、ブルガリのチョコレートなども無料でいただけます。銀座でちょっと時間があるときなどすごくありがたいラウンジです。

プレミアムカード保有者のみが入れるプレミアムエリアは同伴者は1,080円必要です。隣の銀座ダイナース保有者も入れる通常エリアは同伴者も1名まで無料です。

ダイナースラウンジ情報

中央区銀座5-6-2 銀座七宝ビル8階

営業時間11:30~19:00
定休日:毎週月曜(休日の場合営業)、12月31日~1月3日

ダイナースラウンジ公式サイト

充実の保険

ブラックカードは安心も違い、保険もかなり充実しています。死亡保険は最大1億円、家族などもカバーしてくれています。海外旅行保険も家族含めて自動付帯なのでダイナースプレミアムカードさえあれば、旅行保険に入る必要はありません

また個人的にうれしいのは「個人賠償保険(最大1億円)」。自転車などの事故やお店で商品を壊してしまった時などの保険ですが、これも家族全員カバーしてくれるので、小さい子供がいる家庭では安心です。

お店探しやコンサートのチケット手配などもやってくれるコンシェルジュデスク

ダイナースプレムアムカードにはコンシェルジュデスクが24時間365日利用できます。歓送迎会のカジュアルお店から、なかなか取りづらいコンサートのチケットなども手配をお願いすることができます(ただしチケットを取れる保証はありません。)

88BLOG
ダイナースのコンシェルジュは電話だけではなく、メール対応もあるのも便利。
【口コミ】ダイナースプレミアムのコンシェルジュデスクのレビュー。お店探しにはメール対応してもらえるのが便利。

うわさに聞いていた「ダイナースプレミアムコンシェルジュ」。まさか自分がコンシェルジュサービスを利用するなんて・・と思いつつも、これも経験!と ...

使える店舗も多い

ダイナースは高級なイメージの一方で「使えるお店が少ない」と言われることも多いのですが、実際利用してみたところダイナースがJCBと提携したことで店舗で利用できないところはかなり少なくなったイメージです。

まれに「VISAしか利用できません」というお店もありますが、そういうこところは仕方ありませんね。

ただネット系のサービスで利用できないシーンがちょこちょこある気がします。(アマゾンや楽天はもちろん使えます。

利用限度額に融通がきく

ダイナースプレミアムはアメックスと同じように「限度額」というものはありません。大きなお買い物をするときはコンシェルジュに電話すればすぐに対応してもらえます。ぼくもフロリダ旅行の時は「100万から150万円ほど」と伝えたところ「安心してご利用ください」と言われました。こういう融通がきくのはとても助かります。

ANAダイナースプレミアム限定:更新時に10,000マイル

ANAダイナースプレミアム限定ですが、カードを更新すると10,000マイルもらえます。ただこれはダイナースプレミアムとしてのメリットというより、ANAのプレミアムカードとしてのメリットですね。

年会費はやはり高額

これだけメリットのあるダイナースプレミアムカードなので年会費もやはり高額です。ダイナースプレミアムが13万円(税別)、ANAダイナースプレミアムは15万5千円(税別)です。

ダイナースプレミアムカードは招待制(インビテーション)

高額な年会費だけじゃなくこのカードがプレミアム化している理由は、完全招待制(インビテーション制)だということ。ダイナースから直接招待されるか、ダイナースプレミアム保有者からの招待が必要です。

ぼくは友人がダイナースプレミアムを保有していて、「プレミアムカード保有者からの紹介」という形でインビテーションをもらいました。(もちろん審査あり)

ダイナース担当者に聞いた「インビテーションの審査基準」

そのインビテーションの審査はどういう基準になっているのかダイナース担当者に聞いてみました。

88BLOG
ダイナースプレミアムの発行基準はどれくらいの年収なんですか?
年収というよりご利用額ですね。年会費から考えると月額70万円ほどがお得かどうかのラインになるので、やはり100万円程度ご利用いただけるようなかたにおすすめします。
担当者

とのことでした。すごい・・・・・。

ダイナースプレミアムカードのメリットまとめ

  • 最大100円2マイルの世界最高レベルのマイル還元率
  • 超一流ホテルの上級会員資格
  • 24時間365日対応のコンシェルジュデスク
  • 銀座ダイナースプレミアムエリアの無料利用
  • 最大1億円の家族までカバーした充実した保険

ダイナースプレミアムカードは、かなり高額な年会費かつ完全招待制でなかなかハードルが高いブラックカードですが、それだけたくさんのメリットもあるクレジットカードですね。





関連記事

  • この記事を書いた人
88BLOG

88BLOG

2人のムスメのパパで堅実派のプチ個人投資家(投資信託、国内商社、米国ETF)。2017年にSFC取得にどハマりしたあとのマイブームは「英語」。家族で毎年海外へいくのが目標(もちろんマイルで)。2018フロリダに、2019グアム予定、2020ヨーロッパが目標。クレジットカード大好き。ヘビが苦手。

-クレジットカード, ダイナース

Copyright© 88BLOGーパパブログ , 2018 All Rights Reserved.