クレジットカード ダイナース 口コミレビュー

ダイナースカードは絶対ダメ!?ダイナースなら「銀座ダイナースクラブカード」か「ANAダイナースクラブカード」を選ぶべき理由をダイナース愛用者が口コミレビュー。

投稿日:

最近「ダイナースってどう?」って聞かれることが増えてきました。ぼくは「ANAダイナースプレミアムカード」を利用していますが、ダイナース愛用者として絶対におすすめできないのが「ダイナースカード」です。

そのかわりおすすめするのは「銀座ダイナースクラブカード」か「ANAダイナースクラブカード」です。

 

「なに言ってるのか意味がわからない。」

「結局ダイナースはおすすめなの?おすすめじゃないの?」

 

って思われるかもしれません。

 

この記事では、「「ダイナースカード」をおすすめできない本当の理由」から、「銀座ダイナースクラブカード」か「ANAダイナースクラブカード」のメリット・違い、そしてお得なキャンペーンまで、中学生でもわかるようにがんばって説明します。

ダイナースカードを検討されている方に参考になればうれしく思います。

わかりやすくするために、厳密には説明が不正確になっている部分があります。

「ダイナースカード」にはいろんな種類がある

「ダイナースカード」といっても、じつはいろんな種類のクレジットカードがあるんです。大きく分けて二つ。「プロパーカード」と呼ばれるものと「提携カード」と呼ばれるものです。

プロパーカード

「プロパーカード」というのは、カード発行会社が単独で発行しているクレジットカードです。ダイナースのプロパーカードは「ダイナースカード」と言われています。

おそらく「??」という状態だと思いますが、ひとまずさきに提携カードの説明をしますね。

提携カード

「提携カード」というのは、カード発行会社とどこかがコラボして発行しているクレジットカードです。

たとえば「ANAダイナースクラブカード」は、ダイナースカードとANAがコラボして発行しているクレジットカード、「銀座ダイナースクラブカード」は、ダイナースカードと銀座という街がコラボして発行しているクレジットカードという意味です。

話が少し戻りますが、プロパーカードは「コラボなし」のクレジットカードというわけです。

そしてここがポイントなのですが、クレジットカード業界では「プロパーカード」よりも「提携カード」のほうがお得なことが結構あります。

クレジットカードには「プロパーカード」と、企業とコラボした「提携カード」の2種類があって、提携カードのほうがお得なことが多い。

提携カードがお得な理由

プロパーカードより提携カードがお得な理由は、コラボした企業が独自のメリットを提供しているからです。

クレジットカード会社とコラボした企業は、自分がコラボしたクレジットカードを申し込んでもらったほうが儲かるので、たくさん申し込んでもらえるように、独自にたくさんのメリットを提供しています。

そして、ダイナースとコラボしたクレジットカードのうち、メリットが多いのが銀座という街がコラボした「銀座ダイナースクラブカード」と、ANAがコラボした「ANAダイナースクラブカード」なんです。

たとえば、「銀座ダイナースクラブカード」は、銀座でたくさんお買い物をしてもらえるように銀座ならではの特典を提供していますし、「ANAダイナースクラブカード」は飛行機にたくさんのってもらえるような特典をつけて頑張っています。

こういう特典は提携カードならではのもので、プロパーカードにはありません。

「提携カード」はコラボ企業の独自の特典がついているので「プロパーカード」よりお得度が高い場合が多い。

88BLOG
「プロパーカードのほうがステータス性が高い」という人もいますが、個人的にはもうそういう時代でもない気がします。

「銀座ダイナースクラブカード」のオリジナル特典

まず銀座という街とコラボした「銀座ダイナースクラブカード」のオリジナル特典です。

1:銀座の特約店では100円=2ポイントでザクザクポイントが貯まる

銀座とコラボしているだけあって、下記の銀座の名だたる名店でのお買い物でポイントが2倍になります。

通常でも100円につき1ポイント、銀座の下記のお店では100円につき2ポイント貯まるのでザクザクですね。

  • 銀座和光
  • サンモトヤマ銀座本店
  • 三越銀座店
  • 松屋銀座
  • GINZA SIX
  • 東急プラザ銀座
  • バーニーズニューヨーク 銀座店

 

2:銀座のダイナースラウンジで無料でお茶できる

よく銀座に行かれる方であれば一押しの特典はこちら。

銀座4丁目交差点から徒歩1分の好立地にある「銀座ダイナースラウンジ」でコーヒーや紅茶、ジュース、チョコ、アイスクリームなどを無料で楽しめます。

 

 

銀座ダイナースラウンジとは、ダイナースが運営しているプライベートラウンジ

もともと年会費15万円以上する「ダイナースプレミアム」と年会費が17万円の「ANAダイナースプレミアム」のカード保有者のみに解放されていましたが、「銀座ダイナース」保有者だけ特別に利用を許可されています。

なので今「銀座ダイナースクラブカード」が人気急上昇になっているんです。

プロパーのダイナースカードは、もちろん銀座での買い物特典もダイナースラウンジ特典もありません。「銀座ダイナース」だけの特典です。

88BLOG
子どもは無料で同伴できるので、銀座の人混みで疲れてぐずる子どもをつれて、いろいろカフェを探すことなく、ゆっくりと時間を過ごすことができますよ。

銀座ダイナースクラブカードの年会費など

銀座ダイナースクラブカードの年会費、家族会員などは以下のようになっています。

年会費

本人年会費:25,000円

家族会員年会費:0円(←すごい!)

入会の目安

27才以上。専業主婦の方でも世帯収入の申告で本会員可能(←これもすごい!)

プロパーダイナースカードと銀座ダイナースクラブカードの比較

家族会員を1名でもつけたら、銀座ダイナースクラブカードの方がお得ですね!しかも銀座の特典付き!

プロパーのダイナースカード 銀座ダイナースクラブカード
本会員年会費 22,000円 25,000円
家族会員年会費 5,000円 0円
88BLOG
ダイナースラウンジに毎月1回行ったら、最低1,000円×12回=12,000円分の価値がありますね。しかも子連れOK。子どものジュースももらえるので、それを考えたら実質年会費無料ですね。

今なら25,000円の初年度年会費が無料!

これだけ魅力のある銀座ダイナースクラブカードですが、25,000円の年会費が無料になるキャンペーンを展開されています(2019年4月現在)。




88BLOG
年会費無料で、しかもダイナースラウンジで1年間無料でお茶できるって・・・ありえない・・・

 

もしダイナースカードを検討されていて「銀座にも行く機会がある」という方は絶対に絶対に「銀座ダイナースクラブカード」がおすすめです。

銀座ラウンジ利用OK!銀座で買い物ポイント2倍!

キャンペーン内容を詳しく(公式)

今なら年会費25,000円が無料!

ANAダイナースクラブカードのオリジナル特典

銀座ダイナースクラブカードの特典もすごいのですが、「東京にあんまり行かないし・・・」ということであれば、もちろんあまり価値を感じられないかもしれません。

そんな方には「ANAダイナースクラブカード」という提携カードがおすすめです。

ポイントをマイルに100円=1ポイント=1マイルで上限なし無期限で交換できる

まず一番のポイントはここです。

ポイントをマイルに100円=1ポイント=1マイルで上限なしで無期限で交換できる

これは実は当たり前じゃなくてすごいことなんです。これができるのはANAの提携カードのみです。

あまりにも大事なので分解して解説します。

1:ポイントをマイルに交換できる

これはいろんなクレジットカードでもできるので説明はいりませんね。

2:100円=1ポイント=1マイルで交換できる

これはかなりの高還元です。100円=1ポイントというのはほかのカードでもあるのですが、マイルに交換するとがっつりポイントを減らされてしまうことも多いんです。ひどいところでは100円=1ポイント=0.3マイルと3分の1になったりするんですよ。

100円=1ポイント=1マイルの交換レートはかなり貴重です。

しかもマイル交換手数料も0円です。(プロパーカードのダイナースカードは手数料に年間6,000円必要です。)

3:上限なしで交換できる

このあたりからANA提携カードだけの特典になってきます。

ANAとの提携カードじゃないと、「1年間に40,000マイルまでしか交換できませんよー」とか規定があります。

それがANAダイナースクラブカードだと上限なしです。

これはマイルを実際に使ってみた人だとわかるのですが、マイルを使うときってほぼ飛行機の無料チケットをとるときですよね。できれば海外に・・・ってなると思ったときに、上限があるとほとんど使い道がないんです・・・・。

しかもあとにも出てくるんですが、マイルは3年で失効してしまうというワナがあるので、ポイントでマイルに交換しても使い道ないじゃん!ってなりがちです。

その点ANAダイナースクラブカードは、上限なしでマイルに交換できるので、ビジネスクラスでハワイだっていけちゃいます

4:ポイントは無期限

ANAダイナースクラブカードは、ポイントが無期限なので、必要なマイルが貯まるまでそのままにしておいて、たまったときに一気に3番の方法でマイルに交換することができます。

88BLOG
ぼくはこの方法をつかって、家族4人でフロリダへビジネスクラスで行ってきました。32万マイル必要だったので、ポイント期限や交換マイルの上限があると絶対できませんでした。

ANAダイナースクラブカードの年会費など

ANAダイナースクラブカードの年会費、家族会員などは以下のようになっています。

年会費

本人年会費:27,000円

家族会員年会費:6,000円

入会の目安

27才以上

プロパーダイナースカードとANAダイナースクラブカードの比較

マイル交換を考えるとANAダイナースクラブカードが圧倒

プロパーのダイナースカード ANAダイナースクラブカード
本会員年会費 22,000円 27,000円
家族会員年会費 5,000円 6,000円
マイル交換手数料 年間6,000円 追加費用なし
マイル交換上限 年間40,000マイル 上限なし
88BLOG
年会費は高くなりますが、プロパーカードではマイルに交換するためには+6,000円必要なので、結果的にはお得。しかも上限なしというのは最強です。

 

もしダイナースカードを検討されていて「マイルで海外旅行にタダで行きたい!」という方は絶対に絶対に「ANAダイナースクラブカード」がおすすめです。

マイルを貯めるなら一押し

ANAダイナースカード(公式)

ビジネスクラスに0円で乗れるかも。

今なら最大82,000マイルがもらえるキャンペーン中

これだけ魅力のあるANAダイナースクラブカードですが、いま最大82,000マイルがもらえる入会キャンペーンをされています!





コラボカードらしく、ダイナースとANAと両方から特典がついてくるのがいいですね!順番に説明します。

ANAからもらえるマイル

まずANAからもらえるマイルです。

1:入会特別マイル +2,000マイル

まずANAダイナースクラブカードに入会するだけで、無条件に2,000マイルもらえます。

2:キャンペーン登録マイル +2,000マイル

入会後にキャンペーンに登録するだけで、さらに無条件で2,000マイルもらえます。

3:期間中の利用金額で最大15,000マイル

入会後、キャンペーン期間中に合計15万円以上利用すると3,000マイル、合計50万円以上利用するとなんと15,000マイルもらえます。

4:ANAファミリーマイルに登録で +1,000マイル

入会後、ANAファミリーマイルという制度に登録するだけで、無条件に1,000マイルもらえます。

ダイナースからもらえるポイント(1ポイント=1マイル)

5:入会後3ヵ月で50万円利用すると16,000ポイント

入会後3ヶ月間で合計50万円利用すると、16,000ポイント(=16,000マイル)もらえます。

6:入会後3ヵ月でさらに50万円利用すると32,000ポイント

入会後3ヶ月間でさらに合計50万円利用すると、32,000ポイント(=32,000マイル)もらえます。

7:家族カードで3,000ポイント、ビジネスカードで1,000ポイント

入会後に家族カードを発行すると+3,000ポイント、法人や事業で使うビジネスカードを発行すると1,000ポイントもらえます。

+通常利用の100円=1ポイント

もちろんカードを利用した分の100円=1ポイントはもらえます。

全部合計すると82,000マイル!=ハワイ往復×2名分

ANAダイナースカードの入会キャンーペーンでもらえるマイルを全部合わせると、最大82,000マイル

82,000マイルってじつはハワイに2名往復できるんです。

 

もちろん3ヵ月で100万円ってなかなか使える金額ではありませんよね。

でもたとえば、結婚式を控えておられるカップルが、結婚式の費用を「ANAダイナースクラブカード」で払うと、ハワイの新婚旅行に飛行機代タダで行ける!というような使い方がいいかもしれませんね。

もちろん結婚式じゃなくても大きな出費を控えておられる方でしたら、このタイミングはベストですね。

マイルを貯めるなら一押し

キャンペーンを詳しく(公式)

ハワイに2人タダで行けるかも

 

そんな大きな出費はないけど、銀座にはよく行く。という方はこちらがおすすめ。

88BLOG
銀座ラウンジは本当にいい場所だし、それが初年度年会費0円って太っ腹すぎます・・・

銀座ラウンジ利用OK!銀座で買い物ポイント2倍!

キャンペーン内容を詳しく(公式)

今なら年会費25,000円が無料!




関連記事

-クレジットカード, ダイナース, 口コミレビュー

Copyright© 88BLOGーパパブログ , 2019 All Rights Reserved.