お金・投資・保険 海外投資

【最安手数料】1ドルにつきたった2銭。住信SBI銀行の積立外貨預金。積立した米ドルを米国ETFへ。

投稿日:2018年6月19日 更新日:

米国ETFを買うには、円で買うと1ドルにつき25銭の為替手数料がかかります。それを住信SBI銀行でドルを買うと、1ドルにつき4銭になることを発見しました。が、同じ住信SBI銀行で「外貨積立」をすると、1ドルにつき2銭で米ドルが手に入ることがわかりました。

住信SBI銀行で4銭の手数料で買った米ドルを、SBI証券口座に0円で移して米国ETFを買う方法(手数料最安)。

米国ETFを買うには為替の手数料が必要ですが、その手数料を最安にするのに有効なのが、SBI証券と住信SBI銀行を連動させる方法。というわけで ...

外貨積立の為替手数料は驚異の1ドル2銭

住信SBI銀行のサイトをみていたら、気になる文字を発見。「外貨積立1ドルにつき2銭」の文字。

ただでさえ、1ドルにつき4銭とかなり安い為替手数料でしたが、積立限定で1ドルにつき2銭になります。SBI証券で円でETFを購入する場合の為替手数料は1ドルにつき25銭なので、なんと12分の1の低コスト。これはすごい。

定期預金ではないのでいつでも引き出しOK

外貨積立は定期預金ではないので、いつでも引き出しOKです。住信SBI銀行の円口座から外貨口座にお金が移動しているだけです。

1回500円から積立可能

外貨積立は、1回の購入につき500円から積立購入可能です。かつ「毎日」「毎週」「毎月」を選べます。

ある程度貯まったら米国ETFでもいいし、ドル定期預金でも年利2%確定

毎日500円分の米ドルを購入してある程度貯まったら、当初予定どおりSBI証券にお金を移して米国ETFをドルで購入してもいいですし、もしくは住信SBI銀行のドル定期預金に預けてもいいですね。じつは米ドル定期預金の金利は1年間で2.0%まで上昇しています。為替リスクはありますが、2.0%確定の運用は固めの運用担当としてポートフォリオに追加してもいいかもしれませんね。

88BLOG
2.0%ってすごいんですよ。100万円預けてたら1年後に102万円になってるんです。今すぐ使わないお金だったら日本の銀行に円で預けるより、米ドルに替えて定期預金したほうがいい!

利息以上に為替で損する可能性もあります。ただWで利益がでる場合もあります。

はじめての外国株投資。為替と株価のダブル基準を知る。ドル建てはおもしろいよ。

30代はじめての「外国株」の投資をはじめました。投資といっても勉強のために少しずつ定額を買い増していくスタンスです。今回購入したのは「米国E ...

ひとまず「毎日」「500円分」の積立を申し込みました

ひとまず「毎日」「500円分」の米ドルを積立購入の申し込みをしました。これから円安になるのか円高になるのかわかりませんが、毎日購入していくので、ある程度バランスは取れると思います。

為替手数料の差

ここまで書いといてですが、25銭とか4銭とか2銭とか結局どれくらい差が出てくるのかまとめてみました。100ドルあたりだと実際の差はそれほどありませんが、10,000ドルあたりから結構差がついてきますね。

円建て 外貨通常 外貨積立
1ドル 25銭 4銭 2銭
100ドル 25円 4円 2円
10,000ドル 2,500円 400円 200円
50,000ドル 12,500円 2,000円 1,000円
100,000ドル 25,000円 4,000円 2,000円

1円を笑うものは1円に泣く、塵も積もれば山となる、日本には投資の基本になるようないい言葉がたくさんありますね。





関連記事

  • この記事を書いた人
88BLOG

88BLOG

2人のムスメのパパで堅実派のプチ個人投資家(投資信託、国内商社、米国ETF)。2017年にSFC取得にどハマりしたあとのマイブームは「英語」。家族で毎年海外へいくのが目標(もちろんマイルで)。2018フロリダに、2019グアム予定、2020ヨーロッパが目標。クレジットカード大好き。ヘビが苦手。

-お金・投資・保険, 海外投資

Copyright© 88BLOGーパパブログ , 2018 All Rights Reserved.