お金・投資・保険 海外投資

海外ETF運用報告:PFFは5.74%、VYMは7.60%と驚きの高利回り(配当+値上がり分)!今後はVYMを中心に運用予定。

投稿日:

はじめての海外投資への挑戦に選んだETF。対象銘柄は「iシェアーズ優先株式&インカム証券ETF(PFF)」と「バンガード 米国高配当株式ETF(VYM) 」の2本。

少しずつ買い足してきたのですが、はたしてどれくらいの運用効果が出たのでしょうか?

*海外ETFの銘柄選択についてはこちらの記事を参照してください。

毎月配当の「iシェアーズ優先株式&インカム証券ETF(PFF)」は5.74%の利回り達成!

まずは5%以上の配当利回りをうたっている「iシェアーズ優先株式&インカム証券ETF(PFF)」から。

株価ベースだと+3.24ドルですが、毎月分配される配当金の累計が9.43ドルになったので、配当と株価の値上がりを含めた実質利回りは5.74%になりました。

購入単価 36.78
購入数 6
投資額合計 220.68
株価変動 +3.24
単純利回り(株価ベース) 1.47%
累計配当額 9.43
総合収益 +12.67
実質利回り(株価+配当) 5.74%

「バンガード 米国高配当株式ETF(VYM) 」は値上がりが続き7.60%の利回り達成!

続いて「バンガード 米国高配当株式ETF(VYM) 」。

このETFは、想定配当利回りは3%程度。ただ先ほどのPFFよりも株価自体の値上がりが期待できたので、購入を決定しました。

 

こちらが運用結果です。

分配された配当金の累計が14.37ドルになりました。しかも狙い通り株価が値上がりし、実質利回りは驚異の7.60%に!投資開始から1年間しかたってないのに、675ドルの投資で、すでに50ドルを超える収益はうれしい!

 

購入単価 84.59
購入数 8
投資額合計 675.72
株価変動 +37.04
単純利回り(株価ベース) 5.47%
累計配当額 14.37
総合収益 +51.41
実質利回り(株価+配当) 7.60%
88BLOG
2019年1月の株価暴落のときに、70ドル台で2口購入できたのがよかったです。(下のグラフの赤丸の部分)

 

今後の運用はVYMを中心にする予定。

約10万円の投資にも関わらず、わずか1年間で合計で6,500円ほどの利益がでているなど、2種類のETFはどちらも高いパフォーマンスを出してくれていますが、今後はPFFよりもVYMを中心に追加投資をしていく予定です。

理由としては、PFFは毎月配当がもらえてありがたいのですが、長期で見ると株価自体が値下がり傾向にあります。

もちろん値下がり分は配当で十分にカバーできている、というよりむしろプラスなのですが、やっぱり3年前に40ドル前後のレンジだったのが、現在は37ドル前後まで下がっているので、少し気になります。

基本方針

オプション

  • 大きく値下がりしたときに、PFFとVYMをバランスをみながら追加購入(米ドルのままキープしていたお金を使う)

この方法だとざっくりですが、700円×22日(平日)=15,400円。15,400円×12ヶ月=184,800円。ここまでが実際の投資額。それが7%で運用できれば、184,800円×107%=197,736円ということで約20万円分の米ドルを貯めていける計算になります。

単純計算で10年後に200万円相当額。10年後にもしふたりのこどもたちが「留学したい」と相談してきたときに、「お守りがわりに持って行きなさい」って、10,000米ドルずつくらい渡せるようになれるようにがんばります!




関連記事

-お金・投資・保険, 海外投資

Copyright© 88BLOGーパパブログ , 2019 All Rights Reserved.