お金・投資・保険

はじめてのFXで損切り。豪ドルと南アフリカランドの運用で失敗した2つの理由。

投稿日:2018年6月23日 更新日:

はじめてのFX。米ドルと豪ドル、そして南アフリカの通貨ランドを購入しました。初心者らしくレバレッジは2倍。そして運用をはじめて1週間。残念ながら豪ドルとランドの損切りではじめてのFX取引は幕を閉じました。

はじめてのFX。30代投資初心者が自腹で体験したFX運用を、どこよりもわかりやすく説明します。

これまで目にすることはたくさんありましたが、なんとなく避けていて、そしてじつはその内容もあまり理解していなかったFX。今回FXに初めて挑戦し ...

購入と売却のデータ

さっそくですが通貨の購入と売却のデータはこちらです。3つの通貨を1週間運用してトータルで−79円でした。たった−79円!!??と思われるかもしれませんが、とっても反省が多い損切り、取引でした。

米ドル:+80円

豪ドル:-115円

ランド:-44円

運用を失敗した理由と反省

今回のFXははじめてということもありますが、失敗した理由がいくつかあります。

1:高金利ばかり注目してしまい長期の為替の動きを見ていなかった

これはとくにランド通貨で失敗したのですが、ランドの高金利ばかり注目してしまって、ランドと円の長期的な為替の動きに気づきませんでした

これが円とランドの長期チャートです。ここ数ヶ月のチャートだと見えない動きでしたが、円とランドの関係は長期では「円高」が続いていました。FXは円を基準に考えると「円高」になると損します。逆に「円安」になると儲かります。となると、ランドは長期的には損をする通貨だったんです。

ちょっと難しいですが、ランドの「買い」から取引を始めると「円高」で損がでますが、ランドの「売り」から取引を始めると、逆に円高で儲かる仕組みです。

ちなみに、南アフリカランドの政策金利は6.5%(2018年5月現在)。FX会社によってもらえる金利(「スワップポイント」と言います)がすこし変わりますが、それにしても日本円を預金しておくよりはかなり好条件です。ランドのFX運用ではそこだけを考えてしまったのが失敗でした。

88BLOG
長期の大きな動きは大事

2:利益確定ができなくて損切りタイミングが遅れた

2番目の失敗は、豪ドルです。豪ドルが利益が出ているときに利益を確定できずに、逆にマイナスが出始めてからも「まだいける」「今度は上がるはず」と、どんどんマイナスが大きくなってしまいました。

じつはこのとき、アメリカと中国がお互いに関税をかけあう動きがあって、中国経済がダメージを受けるかも(もちろんアメリカも)という観測が出ていました。オーストラリアは中国が一番の貿易相手なんですね。中国経済がダメージを受けるとオーストラリアの経済もダメージを受ける、という流れがありました。

オーストラリア外務貿易省によると、日本との貿易額は、前期比13%増の686億800万豪ドル(約5兆5800億円)。1位の中国との貿易額は1747億1400万豪ドル、米国とは664億9千万豪ドルだった。(共同通信)

88BLOG
中国は日本の3倍の取引でダントツ1位。完全に勉強不足・・・

あとオーストラリアと中国の関係が悪化しているという状況も後押しして、「豪ドル手放して円を持っておこう(円高)」という流れが加速したと思われます。

そうなったら一旦豪ドルを手放して相場が落ち着くまで様子を見る、という方法もあったのですが、それができませんでした。

3:FXは普段気にしない値動きでも数字が動く

これはFXをはじめてやってわかったことですが、たとえば円と米ドルの相場が1円動くって、大変な値動きなんですね。FXをやる前は、たとえばニュースで「今日は昨日と比べ1円の円高でした」って言っても「へー」という感じでしたが、いまは「い、い、い、1円!!!!!」という感じです。0.1円の動きで大きな損得がでる。これがFXで、レバレッジなんですね。

情報を取りやすいところで投資するのは大事

今回のFXはもちろん、投資信託の運用でも感じたのですが、

88BLOG
情報を取りやすいところで投資をすべき

というのが、ぼくのなかでは大事なルールになりつつあります。今回失敗した豪ドルもランドも、普段のニュースで為替の動きを目にすることもなければ、そもそも国の情勢などの情報が少ないです。もちろん普通の人が取れない情報を取りに行くことで大きな利益が出せる、という一面もあると思いますが、投資が本業じゃないと難しいです。そして情報が遅いと決断も遅くなるのでよくないですね。

アメリカ経済、中国経済くらいまでは日本語でも結構情報が取れるので、そのあたりで長期運用をかさねていくのがぼくには向いてそうです。はじめてのFXは損切りという残念な結果になりましたが、やっぱりやってみないとわからないことってありますね。


【最安手数料】1ドルにつきたった2銭。住信SBI銀行の積立外貨預金。積立した米ドルを米国ETFへ。

米国ETFを買うには、円で買うと1ドルにつき25銭の為替手数料がかかります。それを住信SBI銀行でドルを買うと、1ドルにつき4銭になることを ...





関連記事

  • この記事を書いた人
88BLOG

88BLOG

2人のムスメのパパで堅実派のプチ個人投資家(投資信託、国内商社、米国ETF)。2017年にSFC取得にどハマりしたあとのマイブームは「英語」。家族で毎年海外へいくのが目標(もちろんマイルで)。2018フロリダに、2019グアム予定、2020ヨーロッパが目標。クレジットカード大好き。ヘビが苦手。

-お金・投資・保険

Copyright© 88BLOGーパパブログ , 2018 All Rights Reserved.