アメリカ旅行 家族旅行

ESTA(エスタ)とは、90日間以内の滞在ならビザ不要の新制度。でもぼったくり申請サイトに要注意。

投稿日:2018年2月13日 更新日:

いよいよフロリダツアーが近づいてきました。準備も本格的に。アメリカといえば「ビザ」が必要ですよね。はい、申請するかー、と思っていたら、「ESTA(エスタ)」というビザ免除プログラムがありました。でも、あやうくぼったくりにハマるところでした。。。あぶない。。。

ESTA(エスタ)は短期商用、90日以内の観光などに適用

ESTAは、米国国土安全保障省(DHS)により2009年1月12日から義務化されました。このオンラインシステムは、ビザ免除プログラム(VWP)の一部で、短期商用・観光目的(90日以下)の目的で旅行するすべてのビザ免除プログラム渡航者は、米国行きの航空機や船に搭乗する前にオンラインでESTA渡航認証を受けなければなりません。(在日米国大使館公式サイト)

ESTA(エスタ)とは、90日以内の観光滞在など特定の条件を満たしたら、(面倒な?)ビザ申請がいりませんよー、という制度らしいです。ということは一般的な旅行であればほぼESTAでOKですね。あとで触れますが、少なくともオンラインで完結する、というのはスーパー便利ですよね。ビザって大使館にいかないといけないイメージ(←違う??)

ESTA(エスタ)の申請は絶対に公式サイトから!費用は14ドル。

いよいよESTAの申請ですが、オンラインで申請可能です。ここで注意!絶対に公式サイトからお願いします!!こちらです!!!

なぜここまで強くいうかというと、「ESTA 申請」とか検索すると・・・・・ダミーサイトではありませんが、いわゆる「代行業者」のサイトがたくさん出てくるのです。こんな感じです。これぜんぶ「代行業者」です。

もちろん「代行業者」が悪いわけではないです。たしかに公式サイトは日本語対応しているとはいえちょっと分かりづらいし。「代行業者」の方が分かりやすいかもしれません。

でもですよ!!公式サイトから登録すると費用は一人14ドル(約1,500円くらい?)です。それが「代行業者」から登録すると、まったく同じことするだけなのに「一人7,000円ー8,000円」くらいかかるんです。これはぼっ◯くりと言われても・・・・・。そしてぼくもあやうく引っかかるところで決済寸前で止まりました。ふぅ。。。

家族で申請する場合は「グループ申請」が便利

お一人の申請じゃなく家族で申請する場合は「グループ申請」が便利。「グループ申請」しかやったことないけど、何か重複する情報の記入が少なくてすむのかも。でも間違いないのは「支払いが一緒にできること」「認証の確認が一緒にできること」です。これだけでも便利ですよね。全員分確認するの大変ですもんね。

申請後まもなくメール、そしてログインして「認証」を確認

決済完了後しばらくすると、米国大使館からメールが届きます。そして先ほど申請で登録した情報を入力すると・・・こんな感じで無事ESTA認証!よかった。

このページはダウンロードできるので、念のためGmailに送っておきました♪

アメリカ入国するときには「ESTA」と言うだけでOK。IC付きパスポートに紐づいて登録されているのかもしれませんね。

準備がラッシュで続きます!

これからフロリダツアー準備を急ピッチで。スーツケースのレンタル、Wi-Fiレンタル、国際免許の手配、スターアライアンスのプラチナメンバーカード、ホテルのメンバーズカード、こどもたちの水着・・・・・。でも、いよいよ近づいてきたこの感じが最高に楽しいですね!





関連記事

  • この記事を書いた人
88BLOG

88BLOG

2人のムスメのパパで堅実派のプチ個人投資家(投資信託、国内商社、米国ETF)。2017年にSFC取得にどハマりしたあとのマイブームは「英語」。家族で毎年海外へいくのが目標(もちろんマイルで)。2018フロリダに、2019グアム予定、2020ヨーロッパが目標。クレジットカード大好き。ヘビが苦手。

-アメリカ旅行, 家族旅行

Copyright© 88BLOGーパパブログ , 2018 All Rights Reserved.