子育て・教育

ストライダーもいいけど、3歳児が5分で自転車にのれるようになった「へんしんバイク」がすごい。

投稿日:2017年2月12日 更新日:

公園にいくとどこもかしこも目にするのが「ストライダー」です。うちの娘たちも大好きでした。2歳くらいから楽しそうに乗ってますよね。そしてストライダーを卒業していよいよ自転車に。そこで迷いました。補助付き?補助なし?何インチ?

上の子は5歳の誕生日に補助なし自転車に。

上の子は5歳の誕生日に普通の子供用自転車(18インチ)を買いました。ちょっと遅かったのですが、上の子はストライダーもあまり得意じゃなかったこともあり、ようやく自由に乗りこなしてきたタイミングでの自転車です。補助輪については「慣れると取るのに大変」という意見があって、それもそうだなーと思い、最初から補助輪なしです。

結論からいうと「乗れるようになるまで結構苦労しました」。ブレーキを教えて、バランスを教えて、ようやくペダルを教えて、なんとかかんとかやってようやく自由に楽しく乗れるように。10回弱は一緒に練習したと思います。

どうしてスムーズにいかなかったんだろう?って振り返って理由を考えてみました。

ストライダーより車体がかなり重い。

まずこれです。ストライダーって結構軽いんですよね。だからこどもでも比較的簡単に扱えます。でも自転車は意外と重いんです。その重さがまだ力がないこどもにとっては不安感が増してしまったみたいです。

ハンドルの形が変わってしまう。

これは実はかなり影響があると思いますが、ストライダーは一文字?に近いハンドルです。それに対して子供用の自転車ってハンドルが、ぐにーーと手元に曲がってくるような感じなんです。ママチャリみたいな感じ?それでバランス感覚がまったく変わってしまったんですね。これは親も反省です。

もしこれからお子様に自転車を購入される方は、いわゆる「かわいい自転車」ではなく、「乗りやすい自転車」を購入されることをオススメします。

ストライダー卒業後にあまりオススメできないタイプ(わが家のケース)

ストライダー卒業後にオススメタイプ(重要なのはハンドルの形)

3歳の下の子には「へんしんバイク」を!

2017021201

上の子の反省を踏まえて、3歳の下の子にはずっと気になっていた「へんしんバイク」を買ってしまいました!

箱をあけるとこんな感じ。

2017021202

下の子はストライダーを暴走族なみにのりこなしているので、ペダルをつけてもいいかもと思いましたが、まずは「ストライダータイプ」として乗せてみることに。この組み立ては素人でも大丈夫です♪

ストライダーとほぼ同じなので、こどももすぐに慣れてすぐにまた暴走族になりました。。。

ペダルとチェーンの組み立ては素人には無理。自転車屋さんに行こう。

ストライダータイプを卒業したら、いよいよ自転車タイプへ。ここで必要なのはペダルとチェーンです。一応説明書はありますが、はっきり言います。素人には無理です。ちなみにうちの近くの自転車屋さんでは組み立て料金税込1,620円。どんなに自分で頑張っても、すくなくとも2時間くらいはかかると思うので、よほど自信のある方以外はいさぎよく自転車屋さんにいきましょう。

ペダル付き自転車デビューした3歳の結果は・・・・

2017021203

「30分で乗れるようになる」というのが触れ込みのへんしんバイク。実際乗せてみると・・・・

ペダル3回転ほどですが、5分もかからずに乗れるようになりました!!

それからコツをつかんだのか、乗るたびにどんどん距離がのびていきましたよ。へんしんバイクおそるべし。看板に偽りなし。

ストライダーを買うなら「へんしんバイク」がオススメ

2017021204

もちろんストライダーもとってもいいのですが、もしお子さまが3才を超えているなら、ストライダーを買うより「へんしんバイク」の方がいいかもです。

ただストライダーの方が2歳くらいから楽しめるのでその点はストライダーが有利ですね。2歳くらいから楽しみたいなら、ストライダーを中古で買って、3歳を超えた頃からへんしんバイクに挑戦してもいいかもしれませんね。

3才だからストライダーはもう遅い、ということはない

かといって、じゃあ3才になったらストライダーは遅いのか?というと、そういうことはなさそうです。うちの子は最近ストライダーを手放すまでずっとストライダーで「も」遊んでいました。やっぱり遊びやすいみたいで、それはそれですごく自転車に慣れてくれるのでいいかもしれません。5才くらいになると最初に思い切りけって、そのままずいぶん長い距離をすべって楽しんでいました。こどもは自分で楽しみ方を見つけますね。その意味では「3才だからストライダーは遅い」ということはないと思います。わが家では2才から5才までずいぶん長くお世話になりました。

おまけ:ストライダーとへんしんバイクのリセールバリュー(中古価格)

ざっくりですが、ストライダーの中古は2,000ー3,000円程度(ヤフオクだと安いのですが、メルカリだと5,000円以上してるみたいです・・・)で見つかりますが、へんしんバイクは中古でも10,000円前後でも売れているようです。へんしんバイクは定価16,000円ちょっとですので、リセールバリューはかなり高いようです。といっても、こどもの遊び道具にリセールバリューとか考えるのも寂しいですけどね、情報として。その意味では中古でへんしんバイクを買うのは、あまりオススメできないかもです。

ストライダーカップ(公式レース)に出場するためには正規品の購入が必要です。ストライダーの中古購入の場合はお気をつけください。

ヘルメットは必須

ふだん自転車に乗る方はお持ちだと思いますが、へんしんバイクの練習(もちろんストライダーの練習にも)にヘルメットは必須です。2,000円ー3,000円で安全が買えるのでお忘れなく!

肘当てやプロテクターがあればなお安心。





関連記事

  • この記事を書いた人
88BLOG

88BLOG

2人のムスメのパパで堅実派のプチ個人投資家(投資信託、国内商社、米国ETF)。2017年にSFC取得にどハマりしたあとのマイブームは「英語」。家族で毎年海外へいくのが目標(もちろんマイルで)。2018フロリダに、2019グアム予定、2020ヨーロッパが目標。クレジットカード大好き。ヘビが苦手。

-子育て・教育

Copyright© 88BLOGーパパブログ , 2018 All Rights Reserved.