2人の娘のパパ。ANAのSFC修行からお得なクレジットカード、家族で海外旅行、こどものための投資運用まで。

88BLOGーパパブログ

クレジットカード

【担当者に取材確認】ダイナースプレミアムカードのインビテーションに必要な年収は?毎月いくら使えば「年会費の元が取れる」のか。

投稿日:

ダイナースプレミアムカード保有者に激震が走った2018年12月からのポイント還元率やANAマイル移行上限の大改悪。とはいえやっぱり憧れカードの一つです。ダイナースプレミアムを取得するにはどれくらいの年収が必要なんでしょうか。高額の年会費の元が取れる利用額は?ということで、ダイナースプレミアムカードの「なかのひと」に聞きました。

ダイナースプレミアムカードの大改悪のまとめ

まずダイナースプレミアムカードの今回の大改悪を簡単にまとめです。見れば見るほどひどい改悪・・・。

  • 【ANAダイナースプレミアムカード】ポイント還元率が100円=2ポイント=2マイルから100円=1.5ポイント=1.5マイルへ
  • 【プロパーダイナースプレミアムカード】ポイント還元率が100円=2ポイント=2マイル維持。ただしANAマイルへの移行上限を年間40,000に制限
  • 【その他】電気料金などに加え、携帯電話料金・保険料なども100円=2ポイント=2マイルから200円=1ポイント=1マイルへ大幅改悪
【コンシェルジュ確認済み】ANAダイナースプレミアムが100円1.5ポイントの大改悪に。プロパーカードはマイル移行の年間上限40,000マイルに。

とても残念なのですが、100円=2ポイント=2マイルという屈指の還元率を誇っていたANAダイナースプレミアムカードが、2018年12月16日 ...

「なかの人」に聞いたダイナースプレミアムカードの秘密

今回の改悪についてコンシェルジュデスクとは別の、営業担当の方にいろいろ聞いてみました。

還元率改悪について

まずはカード還元率の改悪について聞いてみました。

88BLOG
今回の還元率の改悪はけっこうきついです。

そうですよね。たしかに1.5(100円=1.5ポイント)は正直きついですよね。
担当者

88BLOG
最終目的ANAマイルに移行すること、だとしたら、どれくらいの利用が分岐点になりそうですか?

ポイント還元だけ考えると年会費分の価値を感じられるのは、月額70万円くらいのカード利用からになりそうです。
担当者

げ・げつがく70万円・・・・・。

カード取得に必要な年収について

つぎにカード取得に必要な年収について直球の質問を出してみました。

88BLOG
ちなみに、プレミアムカードの取得に必要な年収とかあるんですか?

年収というより利用額ですね。さきほど月額のご利用が70万円くらいで年会費以上の価値を感じていただける、とお伝えしましたが、そう考えると、月額100万円程度のご利用が見込める人にお持ちいただきたいカードになるかと考えます。
担当者

さらっと「月額100万円程度のご利用が見込める人にお持ちいただきたいカード」と言われてしまいました・・・・・・。

一般カードからプレミアムカードへのインビテーションはどれくらいの利用でやってくる?

ダイナースプレミアムカードはインビテーション制となっています。インビテーションは2種類ありまして、(1)既存カードホルダーからの紹介、(2)一般カード利用者へのダイナースからのインビテーションです。

今回(2)一般カード利用者へのダイナースからのインビテーションについて聞いてみました。

88BLOG
インビテーションってどれくらいの利用で来るんですか?

利用金額にももちろん目安はありますが、ご利用期間が大事ですね。一般カードご入会後最低1年間は欲しいところです。
担当者

(1)既存カードホルダーからの紹介と(2)一般カード利用者へのダイナースからのインビテーションはどちらが簡単?

つづいて2種類のインビテーションについてもう少し深掘りをしてみました。

88BLOG
一般カードからのアップグレードとカードホルダーからの紹介はどちらが審査が有利ですか?

有利不利はないですが、アップグレードは過去の利用状況が追加で考慮されてしまうので、その点有利になる方と残念ながら不利になってしまう方がいらっしゃいます。
担当者

88BLOG
プレミアムカードはかなりの金額の利用を想定されているとのことでしたが、ということはカードホルダーからの新規紹介のほうが審査が通りやすいですか?

そういうケースの方が多いかもしれません。
担当者

ANAダイナース一般カードとANAダイナースプレミアムカード、どちらがおすすめ?

最後にぶっちゃけて質問してみました。年会費約17万円のANAダイナースプレミアムカード(還元率1.5%)と年会費約3万円のANAダイナース一般カード(還元率1.0%)。どちらがお得なんでしょうか?

88BLOG
ANAダイナース一般カードとANAダイナースプレミアムカード、ぶっちゃけどちらがおすすめだと思いますか?

いやーー(苦笑)。一応プレミアムカードの担当なので・・・。ただ1.5という数字はかなり厳しくなったと個人的には感じます。
担当者

解約が多いのかも。ANAダイナースプレミアムの直接招待が可能に!

ただいいニュース(?)もありまして、これまで停止されていたANAダイナースプレミアムカードの直接ご招待が再開されたようです。

このあたり少し複雑で、ダイナースプレミアムカードとANAダイナースプレミアムカードは、似てるけどまったく違うカードで、お互いの切り替えができなくなってしまったのです。(ダイナースプレミアムカードからANAダイナースプレミアムカードに切り替えできない、という意味。)

その上でANAダイナースプレミアムカードへの直接招待ができなくなっていたので、実質ANAダイナースプレミアムカードは一般ANAダイナースからのインビテーションしか取得する方法がありませんでした。

SFC会員のみ切り替えが可能です。

ダイナースプレミアムカードからANAダイナースプレミアム(SFC)へ切替申請。気をつけるべきことQ&A。

ダイナースプレミアムカードが届いたばかりですが、最終目的は「ANAスーパーフライヤーズダイナースプレミアムカード」。というわけで、早速切替え ...

今回担当の方よりご連絡があり、ANAダイナースプレミアムカードの直接招待が可能になったようです。

ANAダイナースプレミアムへの直接招待が可能になったのでご興味ある方いらっしゃったらご紹介お願いします。
担当者

とのことでした。いろいろ改悪されてしまっていますが、それでも価値を感じることができるカードではあります。ご興味あられる方いらっしゃいましたらお問い合わせください。

カード発行の保証はありません。審査は別途必要になります。

今後ANAマイルへの移行制限がかかるリスクはあるけれどSPGアメックスが一押しか

ポイント還元率も大事ですが、もっと重要なのがANAマイルへの移行制限。ダイナースプレミアム会員は100円=2ポイント=2マイルですが、ANAマイルへの移行制限が年間40,000マイルに制限されます。これだと実質使うことができないんですよね。

たとえば家族四人でビジネスクラスでアメリカに旅行する場合約30万マイル必要です。年間40,000マイルだと貯めるのに8年かかります。そしてポイントをマイルに移行すると3年で失効します・・・・

つまり「一生かかっても30万マイルを貯めることができません」

ANAカードだとさすがに移行制限は今後もかかる可能性は少ないと思いますが、ぼくも一押しSPGアメックスカードもANAカードではないので移行制限がかかる可能性はあります。ただ今後も移行制限がかからないとしたら、SPGアメックスカードは費用対効果No.1のカードの一つに間違いありません。

SPGアメックスのホテルアップグレード特典レビュー。無料朝食からアーリーチェックイン、レイトチェックアウト。

今回のフロリダ旅行ではディズニークルーズ、移動のしやすさから空港隣接のハイアットリージェンシーに3回宿泊した以外は、すべてマリオット系とリッ ...

【ほぼ確定】SPGアメックスカード保有者は「新ゴールドエリート」へ。ラウンジ利用や2名朝食無料のメリットはなくなります。

SPGとマリオットとリッツカールトンのポイント統合で、ネット上を騒がしていたSPGアメックスカードによる会員資格のレベル。公式情報によるとほ ...




関連記事

  • この記事を書いた人
88BLOG

88BLOG

2人のムスメのパパ。ムスメたちとの時間を充実させるために、毎日仕事をがんばる小さなIT企業の社長。#ANA #SFC #クレジットカード #投資 #プログラミング。

-クレジットカード

Copyright© 88BLOGーパパブログ , 2018 All Rights Reserved.