起業・プログラミング

フリーランス独立、起業志望の方へ。お金をかけない起業・経営に役立つおすすめツールベスト5と1冊の本。

投稿日:2018年6月9日 更新日:

フリーランスとして独立、もしくは起業するときってこれからの未来にワクワクしますよね。でも10年以上会社を経営してきて感じるのは「勝つこと」よりも「負けないことが大事」ということ。即退場になってしまう致命傷を負わないためには、とくに創業時はできるだけお金を節約することが必要になります。今回お金の節約に役立ったおすすめツールをご紹介します。

【独立する前に知っておきたい】起業10年目を迎えた社長が語る「10年続く失敗しにくい独立・起業」のアドバイス。

2007年に独立し、2017年に10年目を迎えました。まさに波乱万丈、いいこともそうでないこともたーくさんありましたが、なんとか事業を継続で ...

BEST1:請求書発行はクラウドで。エクセルは絶対NG!

まずはみんなが必要になる請求書ツールから。

仕事が始まると請求書を発行すると思いますが、よくやりがちなのが「請求書 テンプレート」とか検索してエクセルのテンプレートをダウンロードして利用すること。これ本当にNGです。しかも印鑑をスキャンして画像にして、毎回貼って印刷するとか、もう時間が無駄すぎる。。。フリーランスや社長は時間が命です。

そんなときに役立ったのは、Misoka(ミソカ)。クラウドで管理する請求書発行ツールです。クラウドで発行していると、過去の請求書もすぐに履歴をみれますし、見積りを作成したあとにボタン一つで請求書を発行できる機能も便利。しかもMisoca(ミソカ)には、毎月自動で請求書を発行してくれる機能もあります。顧問サービスやホームページ管理サービスなど毎月一定額の請求を出し続けるタイプのビジネスには最高の機能です。

料金は毎月5通までは完全無料。15通まで請求書を発行できるプランで年額8,000円。1ヶ月750円前後でしょうか。それだけでも価値はありますが、なんと有料プランも最初の1年間無料で利用できます。

まずは1年間無料で利用してみてください。きっと手放せないサービスになりますよ。

BEST2:税理士いらずのクラウド会計ソフト

フリーランスでも法人でも必須アイテムの一つになるのが「会計ソフト」。一般的に税理士にお願いするイメージかもしれませんが、税理士の仕事は、「毎月の経費の入力」と「期末の決算業務」の大きく二つに分けられます。クラウドの会計ソフトを利用すると、カードや通帳の記帳を自動でやってくれるので「毎月の経費の入力」がほとんど不要になります。税理士さんにお願いしなくてもいい、ということです。これは大きな経費削減です。

有名どころのソフトは3つです。使い勝手は好みがそれぞれあると思うので、無料お試しをおすすめします。機能はどのソフトもクラウドらしく常にアップデートされているので大きな差はありません

【口コミ】会計ソフトfreee(フリー)を使って決算。便利なとこと少しのデメリットをレビュー。

まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで伸びているクラウド型の会計ソフト。うちの会社でも、これまで「わくわく財務会計」というものを使っていましたが、今回f ...

 

さすがに決算は税理士さんにお願いしたほうがいいと思います。

毎月の仕訳は会計ソフトに頼るとして、決算申告だけは税理士さんにアドバイスをもらったほうがいいかと思います。節税と脱税は大きく違いますので。

BEST3:名刺はネット印刷

名刺はプリンターで印刷してもいいのですが、やっぱりちょっとチープな印象になります。かといって、たくさんお金をかけるところでもありません。ここはネット印刷でサクッとつくっておきましょう。オフィスソフトからも入稿できますし、電話サポートにもつながりやすいラクスルがオススメです。

ネット格安印刷のプリントパックとラクスルを比較レビュー。値段、使い勝手、そして電話がつながるかどうかがポイント。

ネットで印刷を頼めるようになって印刷料金がかなり安くなっています。チラシやパンフレット、名刺などもびっくりするほど安く印刷できます。ではどの ...

BEST4:作業は自宅でもOK。でも名刺の住所に自宅は困る方はバーチャルオフィス。

フリーや起業したてのころは自宅が作業場になることが多いと思います。もちろんお金はなるべく節約したほうがいいので売上が伸びてくるまでは正解だと思います。ただ名刺に自宅の住所を書くのが嫌な方もいらっしゃると思います。とくに法人の場合は嫌がる方が多いですよね。

法人登記は官報と呼ばれる公式の情報媒体に掲載されるので、登記した住所は一般公開されることになります。

そんなときに便利なのが「バーチャルオフィス」と呼ばれるサービス。法人登記や住所登録だけに一等地の住所を利用させてくれるサービスです。都内だと港区や千代田区、中央区のビルの住所を借りることができます。見栄という面もあるかもしれませんが、それよりも自宅住所を知られたくない、という悩みが大きいです。ぼくも利用していました。

BEST5:(IT系向け)Adobeの学生向けプランで50%OFFに

IT業界での独立だと必須アイテムになるのがAdobeソフトです。通常プランだと月額5,000円以上、年間60,000円ほどかかります。これが学生向けプランだと、50%OFFの年間30,000円で利用できます。でもこれもちろん違法ではなくて、オンラインの専門学校に入学する、という方法で合法的に利用できるのです。もちろん専門学校の費用込みで年間30,000円です。

しかもAdobe公式サイトで商用利用が許可されています。

amazonでも買えます。こちらはダウンロード版です。

+1冊。独立希望者は必読の本。

いまは亡くなられてしまった経済評論家の金子哲雄さんの本です。TVでも愛されキャラでわかりやすく説明されていた方ですが、この本もとてもわかりやすく「お金を使わない方法、使う方法」について書かれています。必読です。





関連記事

  • この記事を書いた人
88BLOG

88BLOG

2人のムスメのパパで堅実派のプチ個人投資家(投資信託、国内商社、米国ETF)。2017年にSFC取得にどハマりしたあとのマイブームは「英語」。家族で毎年海外へいくのが目標(もちろんマイルで)。2018フロリダに、2019グアム予定、2020ヨーロッパが目標。クレジットカード大好き。ヘビが苦手。

-起業・プログラミング

Copyright© 88BLOGーパパブログ , 2018 All Rights Reserved.